amazonギフト券とは?ギフト券格安購入サイトとは?

当サイトをご覧いただいている方々は、当然amazonをご存知で、利用されていらっしゃる方々かと思いますが、あなたはamazonを利用される時は、どのような方法でお支払いされていらっしゃいますか?

コンビニやATM、銀行振込、電子マネーでしょうか?代金引換などもありますね。クレジットカードも使えて、一括はもちろん、分割払いやリボ払いも可能です。
それに、最近では多くのコンビニなどで見られるようになった、amazonギフト券もありますね。さらに、amazonギフト券にもよく見るカードタイプから、Eメールタイプ、印刷タイプ、チャージタイプなど、様々です。

このamazonギフト券は、記載された番号をアカウントに登録すると、現金と全く同じように使えるわけです。例えば額面10,000円と書かれたカードのギフト券番号をアカウントに登録すれば、amazon内で10,000円の買い物が出来るというわけです。まぁ、これはECサイトに慣れている方であれば、当たり前のことです。

さて、このamazonギフト券、これが書かれている額面よりも安く、格安で購入出来るとしたらどうでしょうか?例えば、額面10,000円と書かれたギフト券を、9,000円で購入出来たとします。でも、amazonのアカウントに登録すると当然10,000円分がアカウント内にチャージされます。このアカウントでは当然10,000円の買い物が出来るわけです。とすると、1,000円分もお得に買い物が出来るわけです。考え方を変えれば、10,000円の品物を10%OFFで購入出来たわけです! とすると、このギフト券を常に格安で購入出来れば、常に数パーセント安く品物を購入でき、毎回セールの価格で購入出来るようなものです!

詳しくはおいおい説明していくとして、そんな格安購入サイトが以下のサイトです。

amazonギフト券格安購入サイトとは

格安で購入できるサイトと聞くと、どういうサイト、サービスを思い浮かべるでしょうか。昔からあるヤフオクなどのオークションや、メルカリなどのフリマサービスが一般的でしょうか。オークションサイトでは一部ギフト券の取り扱いは継続していますが、メルカリなのでフリマではギフト券の売買は利用規約にて禁止されているようです。

ここで紹介するamazonギフト券格安購入サイトとは、メルカリのような個人間売買でありつつ、電子ギフト券に特化したサイトをご紹介いたします。

ギフト券の個人間売買とは

上記でも記載したように、最近ではコンビニをはじめ、家電量販店などでもamazonギフト券やiTunesギフトカードなど、様々なカードタイプのギフト券を目にする機会が多くなりました。また、ウェブサービスのページやSNSの投稿で「〇〇ギフト券5,000円分プレゼント」などのキャンペーンが行われていることも多々あります。

そう、ギフト券という単語からも分かるように、このギフト券は家族や友人、サービスのユーザーなどにギフトとして贈ることが出来るのです。もちろん、自分で購入して利用することもできます。

ですが、せっかくamazonギフト券をもらったのに、その人が普段から「amazon」を利用していなかったらどうしますか?「iTunesギフトカードをもらったけど、使ってるスマホはandroidなのよね…」という状況はどうでしょうか?友人にあげたり、利用する方法はあるでしょうが、どうせなら、もらった分を普段利用している楽天やGooglePlayで利用できたら嬉しいですよね? そこで便利なのが、ギフト券の個人間売買サイトなのです!

街のチケット買取や金券ショップとの違い

いらないギフト券があるなら、駅周辺などでよく見かけるチケット買取や金券ショップでいいじゃない、という方もいると思いますが、はい、わざわざ店舗に足を運んで換金してくるのであればそれでもいいでしょう。買取価格は何%位になるのでしょうか。店舗はそれをまた販売しなければ利益にならないので、人件費や家賃もその買取価格に反映されるでしょう。購入する側も当然同じように上乗せされることでしょう。

では、ウェブサービスのキャンペーンでギフト券番号のみを記載されたEメールを受け取った場合はどうでしょうか?それを街のチケット買取や金券ショップが買い取ってくれるのでしょうか?現在は対応しているところもあるかもしれませんが、多くはないでしょう。

そんな時に利用するのが、ギフト券の個人間売買サイトというわけです!

ウェブサービスなので、来店する必要もなく、カード裏面やEメール本文に記載されたギフト券番号のみあれば出品することができ、購入する側も、購入後このギフト券番号をamazonなどの公式サイトのアカウントに登録するだけど、すぐに利用することが出来るんです。それならamazonで買い物をする直前でも、ギフト券を格安で購入できるというわけです!

ギフト券格安購入サイトのメリット

ギフト券を購入する側と出品する側でそれぞれ異なりますが、街のチケットショップと比べて、どういった点にメリットがあるか紹介します。

来店不要(購入・出品ともに)

ギフト券格安購入サイトはウェブサービスのため、街の店舗のように来店する必要は当然ありません。PCもしくはスマートフォン1台あれば、誰でも簡単にアクセスできます。

手数料はたったの1%〜2%が主流(出品)

街のチケットショップも家賃や人件費が買取価格に反映され、ギフト券格安購入サイトでも手数料はかかりますが、自分自身で出品するため、手数料はたったのたったの1%〜2%が主流です。しかも、購入者は購入するのに手数料はかかりません!

即換金・即日入金(出品)

買取ではなく、自分で出品するのであれば換金まで時間がかかるんじゃないか、それなら街のチケットショップのほうが良いんでは?と考える方もいるかと思いますが、上記でも記載しているように、購入には手数料がかからないため、実際にサイトを見ていても、安いものは出品されてもものの数秒で購入されてしまいます。その後、問題なく購入者がギフト券を登録出来れば、即自分のアカウントに金額が反映されます。複数枚ある場合は、まとめて出金しても良いですが、即出金することも可能です。今は多くの銀行が24時間振込、受け取りが可能なので、即日に入金されることも当然です。

すぐに利用可能(購入)

購入されたギフト券は、その番号を確認し、amazonギフト券であればamazonの自分自身のアカウントに登録することですぐに利用することが出来るので、買い物の直前に購入して利用することが可能です。もし、なんらかの理由によりギフト券番号が登録出来なかった場合も、多くのギフト券格安購入サイトで購入後30分以内であれば、エラー報告機能というものが用意されているので、登録できなかったのに、支払った金額が戻ってこなかったなどというトラブルが防がれます。

ギフト券格安購入サイトのデメリット

ここまでの説明だと、ギフト券格安購入サイトはメリットばかりのようにも感じるが、やはり良いことばかりというのは逆に疑わしく感じますよね。街の金券ショップと比べてのデメリット、面倒な点もお伝えします。

すべて自分でやらなければならない(購入・出品ともに)

当たり前のようですが、金券ショップに行けば、実物のギフト券を店員さんに渡せば、何も問題がなければ買取価格に応じて、その場で換金することが出来ます。ですが、個人間売買の場合は、自分でサイトに登録し、出品に必要な情報を入力し、購入された後には口座情報を入力し、出金しなくては手元にお金は入ってきません。

購入者もギフト券を購入するためには、Suicaのように事前にアカウントにチャージをしておく必要があり、またなんらかの理由でギフト券がアカウントに登録出来なかった場合は、エラー報告の機能にて自分自身で出品者とやり取りをしなければなりません。金券ショップであれば、これください、と言ってお金を払えばそれで終わり。何か問題があれば、そのお店にいけばすぐ話が進むでしょう。

銀行口座が必要(出品)

購入に必要な金額をチャージする場合は、サイトが指定する銀行口座へ振込をすれば良いだけなので、口座からでなくともATMからでも振り込みは可能ですが、ギフト券が購入されたアカウントに入った金額(売却益などと表現される)を出金、サイトから振り込んでもらうには、自分自身の名義の銀行口座が必要です。まぁ、ごく一般的に生活している人で銀行口座を持っていない人も少ないでしょうが、そういった情報をサイトに入力したくないなどと感じる方もいるかもしれませんが、実際のところ銀行口座の情報があったところで何が出来るってわけでもありません。それでなんらかの悪事が働けるのであれば、振込が必要なサービスなどは出来ませんからね。

amazonギフト券だけでなく、他の券種も格安!

これまでamazonギフト券を中心に紹介してきましたが、コンビニなどでご覧になられる通り、現在ギフト券は様々な種類が販売されており、かつこれが格安で購入できるサイトもあるんです!音楽などの購入に利用できるiTunesギフトカードや動画配信サービスのNetflixなど、魅力的なサービスが格安で利用できることになります!

以下のようなギフト券が主に売買されているギフト券です。

  • Amazonギフト券
  • iTunesギフトカード
  • GooglePlayギフトカード/ギフトコード
  • LINEプリペイドカード
  • 楽天ポイントギフトカード
  • DMMポイント・プリペイドカード
  • WebMoneyギフトカード
  • GREEプリペイドカード
  • Mobageモバコインカード
  • Amebaプリペイドカード
  • プレイステーションストアカード
  • ニンテンドープリペイドカード
  • バニラVisaオンライン
  • nanacoギフト
  • honto電子書籍クーポン
  • Windowsストアプリペイドカード
  • Skypeプリペイドカード
  • バナコインプリペイドカード
  • Vプリカギフト
  • レコチョクプリペイドカード
  • ビットキャッシュ
  • C-CHECK
  • Netflixプリペイド・ギフトカード
  • U-NEXTカード
  • Huluチケット

などなど。詳しくは電子ギフト券の比較、またはそれぞれのギフト券の使い方とお得な購入方法にて紹介していますので、是非ご覧ください。


タイトルとURLをコピーしました