iTunesギフトカードの使い方とお得な購入方法

iTunesギフトカードとは

音楽、映画、テレビ番組、App、ブック、オーディオブックのお買い物、Apple Music のメンバーシップ料金の支払いなど、さまざまな用途にギフトカードの残高を利用できます。
●タイプ カードタイプ、コードタイプ
●主な金額の種類 1500円、3000円、5000円、10000円
●バリアブル 1,500円~50,000円まで1円単位
●有効期限 基本無し
●購入・支払い方法 クレジットカード、現金
●購入場所 Apple Storeや家電量販店、コンビニ、オンラインストア等で購入可能
●その他

App Store & iTunesギフトカードの利用方法(使い方)

よく「iTunesカード」と言われていますが、正式名称は「App Store & iTunesギフトカード」で」あり、Appleが発行するギフトカード、プリペイドカード」です。

App Storeにある数え切れないほどのアプリケーション、ゲーム、Apple Musicにある6,000万曲以上のミュージック、他にもApple TVを利用した番組や映画、Apple Booksの本やオーディオブックなど、様々なコンテンツやサービスに利用することが出来ます。日本でのスマートフォンの利用者はAndroid端末よりもiPhone端末の利用者が圧倒的に多いと言われているので、このカードをお得に購入、利用出来るとしたら、日本のiPhone利用者は多くの使い道があるでしょう。

ギフトカード・コードの有効期限

ギフトカード、プリペイドカードと聞くと有効期限が気になるところですが、App Store & iTunesギフトカードの有効期限は、一部コンテンツコードなどで書類などに記載されている場合がありますが、 Apple IDに登録することで無くなりますので問題ありません。

登録した Apple IDが有効な限り永久に利用出来ます。

App Store & iTunesギフトカードのタイプと登録(チャージ)方法

カード型

最近コンビニや家電量販店でよく目にするタイプのギフトカードですね。「iTunesギフトカード」と聞くと、このタイプを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
こちらはカード裏面の銀色の部分を小銭などで剥がし、印字されているコードを手入力するか、iPhoneのカメラ、もしくはApp StoreやiTunesのコードチャージ画面でmacのカメラにかざすことで、アカウント(Apple ID残高)にチャージされます。

コード型

こちらは主にインターネット、オンラインショップで購入するタイプです。
購入後に画面に表示されるコード、もしくは送られてきたEメールに記載されているコードをコピーして入力するか、コードについてリンクをタップ、クリックするとストアクレジットアカウントに移動するので、そこでチャージすることが出来ます。

※チャージしたのに使えない

ネットでもよく目にする内容ですが、購入しコードを確認し入力したのに使えない、チャージは問題なく出来たと思ったのに使えない、などと言われている方が多いようです。こちらはApple、iTunesのシステムによるエラーが多いようなので、一度ログアウトしてみたり、その後再度入力してみたりすることで、問題なくチャージされるケースが多いようなので、もし同様にチャージしたのに使えないケースがあった場合は、一度試してみてください。

購入場所もタイプに合わせ2パターン

上記でも説明したように、カードタイプはセブンイレブンやファミリーマートなどのコンビニや、ビックカメラやヨドバシカメラなどの家電量販店に実際に売られていることをよく見ますよね。
置いてあるコンビニや量販店は数多くあるので、後ほどまとめますね。

コードタイプの購入は、Appleの公式サイトもしくは、キャリア事業者のオンラインショップや楽天などのECサイトで購入することが出来ます。

格安でギフトコードを購入出来るサービス


タイトルとURLをコピーしました